ユネスコ無形文化遺産登録5周年記念

平成28年12月1日に「大垣まつりの軕行事」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されて、今年で5年目を迎えます。それを記念して、「大垣市観光・シティプロモーション推進事業」の一環として、大垣まつりの13両の軕をデザインしたポスターを制作しました。

下記の通り、新作13両の軕のポスターの完成披露式、および市内各所で新作13両の軕のポスターの展示を行います。

           (主催:大垣市、 主管:日本国際ポスター美術館)  

              皆様、是非ご来館、ご鑑賞下さい!

                


【 新作13両の軕のポスターの市内展示場所と展示期間 】 

・奥の細道むずびの地記念館(メイン展示会場):2021年12月4日(土)~12月24日(金)

                    開館時間:9時~17時(無休)<終了しました>  

・郭町OKBストリート(灯りのオブジェ):2021年12月4日(土)~2022年1月31日(月)

                                         (夜のライトアップ有)

・大垣共立銀行2階ギャラリー:2021年12月13日  ~  2022年1月14日

・大垣西濃信用金庫1階:2021年12月20日  ~  2022年1月31日

・アートロード(大垣駅前地下道):2021年12月3日(金)~   

 


無形文化遺産登録5周年記念「大垣祭軕行事」ポスター完成披露式

  日 時 2021年 12月4日(土)09:00 ~ 09:15 <終了しました>

  ところ 奥の細道むずびの地記念館 1階岐阜県大垣市船町2丁目26-1)

   (大垣市長、日本国際ポスター美術館館長、市議会議長のあいさつとテープカット)


新作13両の軕のポスター制作者

チャズ・マヴィヤネ・デイビィス 氏

Chaz Maviyane-Davies 

 

【 プロフィール】

グラフィックデザイナー、アメリカ/ボストンにあるマサチューセッツ芸術大学名誉教授

 1952年 ジンバブエのハラレ生まれ
セントラル・セントマーチンズ・スクール・オブ・アートアンドデザイン・ロンドンで、グラフィックデザインを学ぶ。

日本の株式会社乃村工藝社において、約1年間のインターン経験あり。彼の作品の多くは、国際的な雑誌や新聞に掲載されている。

2019年11月 のポスターシンポジウムの際に大垣を訪れた経緯で、今年の13両の軕のポスターを制作。   

新作の三両軕のポスター


大垣の伝統芸能である大垣まつりをアートポスターで描きPR発信し  ポスターシティ大垣を目指す活動を続ける日本国際ポスター美術館が

呼びかけたデザイナーの作品を今年も是非ご鑑賞下さい。


 2021年12月4日新作 十三両のポスター完成披露式と展示風景

                    奥の細道むすびの地記念館

 2021年12月40日、新作 ポスター完成披露式・

 テープカット

 2021年12月4日、披露式当日の会場の様子


 2021年12月4日~24日、むすびの地記念館展示

 2021年12月4日~24日、むすびの地記念館展示


 2021年12月4日~24日、むすびの地記念館展示

 2021年12月4日~24日、むすびの地記念館展示


 2021年12月4日~24日、むすびの地記念館展示

 2021年12月4日~24日、むすびの地記念館展示