最優秀賞・優秀賞/ご挨拶・選評   A部門:奨励賞(20点)   B部門:奨励賞(8点)・入選(一部)

B部門:奨励賞(8点) 順不同

福田真愛 小池紗璃菜 槇尚美 丸尾亜沙美
奨励賞/福田真愛
岡山県立総社南高等学校普通科3年18歳
「あらたうと…」:芭蕉の俳句を主に見せたいと思ったので、絵よりも字を中心にもってきた。俳句は有名なものよりも色味を感じられ、イメージがわきやすいものを選んだ。文字の色は字や言葉から連想される色にした。きれいさよりも味のある、何か懐かしい感じを文字から受け取ってもらえたら良いと思う。
奨励賞/小池紗璃菜
東海大学附属相模高等学校普通科1年15歳
「ひと休み」:どんな人でも休憩はとるものです。絵は宿ではありませんが、芭蕉にとっての心の宿はもしかしたら一緒に同行していた曾良の中にあるのかもしれないと思い、描いた絵です。話す相手がいるからこそ、落ち着ける“休息”というイメージです。
奨励賞/槇尚美
兵庫県立姫路工業高等学校デザイン科2年16歳
「芭蕉へ…」:生涯旅を続けてきた芭蕉は、今もどこかで旅をしているのではないかと私は思いました。そんな気持ちを、芭蕉への手紙のようにして描きました。この絵は、芭蕉が奥の細道を終え、大垣を去る時のイメージです。
奨励賞/丸尾亜沙美
兵庫県立姫路工業高等学校デザイン科2年16歳
「松尾芭蕉」:調べてみると、芭蕉は生涯“夢追い人”だったような感じがします。夢を持ち続け、追い続けることが大切だと思い、歩き続ける足だけをカラーにして、他をシルエットや無地にすることで表現しました。
三輪慧太 佐藤公美 島本沙紀 山口真依
奨励賞/三輪慧太
岐阜県立大垣工業高等学校電子科1年15歳
「古池や蛙とびこむ水の音」:芭蕉の俳句の中で一番表現しやすくおもしろい絵になると思ったからです。
奨励賞/佐藤公美
香川県立高松工芸高等学校デザイン科3年17歳
「芭蕉水の道」:芭蕉と深く関わりのある最上川の源流をかきました。桜のさく美しい景色の中で芭蕉が俳句を考えていたのかなと思い、色彩があざやかになるようにぬりました。
奨励賞/島本沙紀
香川県立高松工芸高等学校デザイン科3年17歳
「芭蕉の宇宙」:芭蕉が俳句にした何げない日常の一瞬は、まるで宇宙のようなスケールと可能性を持っている。また、芭蕉は永遠の旅人であるから、没後300年あまりたった現在も、宇宙という時間の中を旅しているように思われることから、宇宙の中を旅する芭蕉と曾良を描いた。
奨励賞/山口真依
岡山県立総社南高等学校普通科3年17歳
「糸桜」:芭蕉の「目の星や花を願ひの糸桜」という俳句をもとに制作した。日本独特の表現方法を背景にして、モダンな表現の芭蕉を描いて、昔から現在まで愛され続けている芭蕉を表現した。

B部門:入賞(一部) 順不同

浜野友美 今田有紀 川原田みあ 操本あゆみ
浜野友美
今田有紀 川原田みあ 操本あゆみ
南美帆 岡本彩 山本証平  
南美帆
岡本彩 山本証平  
 最優秀賞・優秀賞/ご挨拶・選評   A部門:奨励賞(20点)   B部門:奨励賞(8点)・入選(一部)